北斗やルパンで単発が頻発する謎を解明

08hokutotomo-500x291

北斗やルパンで単発多すぎだろこれ!!

やってらんねーよ!!

とお怒りの方も多いんではないでしょうか?

両機種ともに単発率は実は40%!!

まぁ僕も昨日の稼働で両方単発を食らっていますが、連荘分布を見ればそれも納得できるんです。

この2機種の連荘率は結構似ていてまず、

初当たりでの単発は共に約40%です。

初当たり10回引けば4回は単発で終わるということですね。

そして6割が2連以下で終わります。

ということは初当たりの3回に2回近くは2連以下で終わってしまうということです。

さらに8割が4連以下です。

この2機種で5連以上するのは5回に1回ということになります。

さらに10連以上となるとルパンは10%ほどありますが、北斗は約2%しかありません。

北斗の場合はATレベルが高くないとまず到達できないレベルですね。

ルパンは特化ゾーンを引くか、早い段階でダイヤを集められれば到達できる可能性が高くなります。

平均継続数は共に3連ほど

そして平均の継続率は

北斗で3.28連

ルパンで3.84連

となります。

もちろんこれは10連、20連という数字も含まれていますので実際はこの数字以下で終わることが大半となってきます。

こう見ると連荘がいかに難しく、薄いところを引かないといけないというのがお分かりいただけると思います。

まとめ

ということで両機種ともに1回の初当たりではそこまで連荘には期待できないということです。

北斗なら北斗揃い、ルパンなら特化ゾーンを引いたり1セット目で多くのダイヤを獲得するなど特定の条件を満たさないと中々大きな連荘には繋がらないということですね。

よく台パンなどをしている人を見かけますが、こういった現実を知っていれば少しは気持ちが抑えられるでしょう。

そして大連荘をするためにはとにかく初当たり回数を稼ぐことが大事です。

そうすればいずれあなたにも大連荘のチャンスがやってくるはずです。

そしてそう自分にも言い聞かせています(;´・ω・)

ではご健闘をお祈りしています。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です