スロットは5.5号機から5.9号機へ。その気になる規制内容とは!?

昨年末に5.5号機に移行し出てくる台はどれもパッとしない現状ですが、今後さらに厳しい規制がかかることがほぼ決定しました。

それでは移行時期や規制内容をご覧ください。

移行時期

検定は2017年4月まで、販売は同年9月まで

現行機種と同様の機種を出せるのは来年9月までだという事です。

そしてそれ以降については以下をご覧ください。

規制内容

・3000枚リミット規制

以前から噂になっていましたが、出玉が3000枚を超えるとART終了になるという極悪規制です。

・ART突入率の設定差禁止

設定差が付けられるのはボーナスやコイン持ちだけでARTに設定差が付けられない。

・リセット恩恵の撤廃

現在でも恩恵がある機種は少ないですが、完全にリセット恩恵はなくなります。

・ARTの滞在割合を最大でも70%以下に

これは1日のうちARTの状態が70%以下になるようにという事で一撃性が弱くなるという事ですね。

機械割は108%がMAXになりそうな予感

管理人の見解

今回の規制は正直言って絶望的だといってもいい内容でしょう。

どう頑張っても一撃は3000枚まででリセット恩恵もないので店舗は全リセ。

もはや宵越しなどは死語になるのではないでしょうか。

さらに設定6でも機械割は108%までがスタンダードになりそうということで6でも旨みは薄い。。。

もはやだれが打つの?というレベルですね。

ハイエナはもちろん不可。設定狙いも旨みなし。

本当にスロットは終焉を迎えるのではないでしょうか。

今でさえ出てきた台は一瞬で客飛びしているのにこれ以上に厳しい台なら本当に誰もスロット打たなくなるのではないでしょうか。

これならいっそのことAタイプだけにしてその代わり店舗はある程度は設定を入れる義務などを課すほうが余程マシですね。

ということで今回は希望のない未来の話でした。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です