4月度収支報告とAタイプでの勝ち方について

今回は4月の収支報告記事となります。

4月は正直中々稼働のモチベーションが上がらずこれまでで一番稼働時間、日数共に少なかったのですが、そんな中でも珍しくAタイプで結果を残せた月となりました。

そこで今回はAタイプで安定して勝てる方法もご紹介したいと思います。

4月のスロット収支

月間収支 +198,500円

Aタイプ収支 +82,000円

稼働日数 15日

日別勝敗 8勝7敗(勝率53.3%)

実践台数 20スロ61台 8スロ2台 5スロ1台

1台当たりの平均収支(低貸し分は20スロレートに換算)3,151円

Aタイプを除く平均収支 1,849円

4月は稼働日数、台数ともにブログ開始後最も少なかったのでこの結果は妥当なところでしょう。

実際AT、ARTではハーデスの6,300枚、慶次の2,200枚以外は2,000枚オーバーがないという結果でしたが、4月はAタイプの設定狙いでそれなりに結果を残すことが出来たので収支面ではなんとか作れたかなという感じです。

4月12日稼働記事 ハーデスで開始7Gでハーデス降臨から超犬やGODや止まらないループストックなどで大爆発!!

4月10日稼働記事 久々慶次で上乗せラッシュやボーナス連発でやったりました!!     

ちなみにAタイプはこれまで全く結果を残せなかったので敬遠していたのですが、ある店舗で明らかに高設定が導入されているのが分かったのでそれ以降積極的に狙うようになりました。

4月に2,500G以上Aタイプを打ったのは3度あり、その開始の状態と最終の状態は以下の通りです。

4月13日 GOGOジャグラー

開始 2983G BIG10 REG19 合算1/102

終了 5582G BIG25 REG34 合算1/94

差枚 2289枚

4月17日 アイムジャグラー

開始 4095G BIG14 REG22 合算1/113

終了 7421G BIG27 REG33 合算1/123

差枚 370枚

4月26日 GOGOジャグラー

開始 4304G BIG15 REG25 合算1/107

終了 7776G BIG32 REG37 合算1/112

差枚 1316枚

多くのゲーム数を打った日に関してはプラス収支を残せているので高設定は打てていたのだと思います。

以前は高設定履歴の台を打っても中々勝てないことも多かったのですが、やはり確実に高設定を打てていれば結果はついてきますね。

ここで僕が感じたAタイプの堅い勝ち方をお話ししていきたいと思います。

まず最も重要なので店選びです。

Aタイプは設置台数が多いため数あると設定1でも高設定挙動をする台は存在します。

しかし中身が低設定だともちろん負ける可能性は高くなります。

そこで確実に高設定が数台入っているという店舗に関しては高設定挙動であればリアルに高設定という可能性が非常に高まりまます。

そういった店舗で打てるかどうかがやはり重要ですね。

そして打ってて感じたのはやはり基本であるREG確率が高設定の場合は6をぶっちぎっていることが多いように思います。

1/200を切っている台などは多少BIGがヒキ弱で確率が悪くても打っていれば結果がついてくることが多いです。

そして出来ればゲーム数は3000Gは回っているのが理想です。

ただ2000G位でもそこまでの挙動が良ければ打つのもありですが、偶然という可能性も高まりますのでそういった場合はあまり引きずりすぎずにある程度見切りをつけることも重要だと思います。

この見切りが結構重要でAタイプもムラがあるので高設定でもはまる時もあるし、低設定でもいい感じで当選することもあるので一番難しいところですね。

ここはブドウ確率とかで計算してもいいですが、これも少ないゲーム数では収束しないので自分の感覚で見極める方が多いですね。

僕が思うのはこれ位ですが、これからAT、ART機の期待値稼働は確実に厳しくなってきます。

というか既に厳しくなっていると思います。

そんな時にAタイプで高設定の入る店舗があればそちらで期待値を取ることが出来るので、今を乗り切るという意味ではAタイプを稼働の中に取り入れていくのもありではないでしょうか。

以前書いたジャグラーの勝ち方の記事もよければ合わせてご覧ください。

ジャグラーの設定狙いでの勝ち方を検証

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です