リノの後継機!?ナイツ2 スペック、機種解析情報

naights2-obi

5月30日導入の新台ナイツ2の解析記事です。

4号機のナイツの後継機ながらスペック的にはリノの後継機的な存在で、リノよりも初当たりは軽くなっている反面連荘率は低下しているといった仕様です。

そして今作は鉄拳3rd.エンジェルver.でも採用された4THリールを採用した山佐の独自路線ですね。

それではご覧ください。

スペック、機種情報

メーカー:山佐

導入日:5月30日

導入台数:約2000台

仕様:Aタイプ(特殊)

コイン持ち:約32G

天井:なし

設定 キャンドル点灯 初当たり 状態中のボーナス 機械割
 1  1/134  1/234     1/10  96.8%
 2  1/129  1/225  99.1%
 3  1/125  1/219  100.1%
 4  1/118  1/208  102.0%
 5  1/116  1/203  105.1%
 6  1/111  1/196  107.0%

筐体画像

2487

リール配列

1005.png

ゲーム性としてはリノと同じくボーナス高確率状態にして連荘をされる仕様です。

ボーナス高確率時の当選率は1/10となっており、転落率は現段階では不明ですが継続率は60%となっています。

また今作は筐体左のキャンドルで高確状態かどうかを見極めることが出来るのでリノ以上に転落したかはわかりやすくなっています。

naitu2-kyanndoru2

また今作は4THリールとなっており、月が止まるほどチャンスで3つ止まるとボーナス確定となります。

gemesei

ボーナス

BIGボーナス

契機 月、月、月、赤7

獲得枚数 203枚

REGボーナス

契機 月、月、月、BAR

獲得枚数 85枚

管理人の見解

速攻で客飛びしたリノと同タイプという事もあって正直不安要素しかないと思います(;´・ω・)

ただ今作は設定1でもキャンドル点灯が1/134とマイルドでリノのような大ハマリは少ないんではないでしょうか。

ただ高設定の機械割も高くはないので勝ちに行く台ではないでしょうね。

4号機時代のナイツはかなりのハイスペック機種だったようですが、今作は比較的手軽に遊べそうな感じですが、設定1は辛めの部類になるのであまり深追いはしない方が無難かと思いまう。

山佐は最近かなり冒険心の高い機種を続々と投入してきてこれからの時代における「はやり」を探ってるのではないでしょうか。

規制が厳しくなるにつれ魅力的な台も少なくなってきていますが、こういった挑戦的なスタイルは後々の大ヒットを生む可能性もあるので個人的には応援したいですね。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です