あの初代牙狼が現代版で復活!!牙狼復刻版がまもなく登場!!

CR牙狼復刻版-パチンコスペック攻略

今回は珍しくパチンコ台の記事です。

なぜならあの初代牙狼が復刻版として蘇るのです!!

あまりにも懐かしくなったので今回は特別に記事にしてみました。

スペック、機種情報

メーカー サンセイR&D

区分 1種2種混合機

導入日 4月18日

初当たり確率 1/208.7

魔戒チャンス突入率 50%

魔戒チャンス継続率 50%

15R出玉 約1,450個

賞球数 3&1&12 9カウント

ヘソ入賞振り分け

4R確変 50%

4R通常 50%

電チュー入賞振り分け

15R確変 50%

4R確変 32%

4R通常 18%

初代牙狼はMAXタイプで出玉はすべて15Rの約1650個でしたが、今作は初当たり確率も1/208.7と軽くなっておりその分初当たり時は4R、確変中も50%は4Rとなっています。

ただ演出面では基本的に初代を踏襲し、演出ムービーはすべて高画質リマスター。

唯一の演出面での進化は

ad58666e

この牙狼チェンジと呼ばれる発生すれば歴代最強リーチに変換されるというものぐらいです。

演出面では

18803

2連したら熱くなれ、3連で当たりを期待する金シャン!!

18802

発展した瞬間に絶望的なレギュの青(;´・ω・)

garohukkoku_13

全回転に期待が出来る魔道リーチ!!

garohukkoku_86

すべて同じなら継続確定のゲート選び。

htrhthr

そして本気でボタン連打した復活演出!!

すべて初代の演出を再現しています。

いやぁ懐かしいですね。

初代牙狼が出たのは今から8年前になります。

当時はスロットは全く打たずにパチンコばかりを打っていたのですが、牙狼は荒いので最初から打つというよりは負けているときの一発逆転で打っていたイメージですね。

最大8万円のマイナスを十数連荘で捲ったこともあって牙狼にはかなりお世話になりました。

もちろん負けたことも数知れずですが。。。

それでもあの牙狼が復刻版とはいえ再び帰ってきてくれるのは嬉しいですね。

導入されたら一度は打ってみたいものです。

しかし書いてる途中に思い出しましたが初代牙狼のミドルスペック(1/150位)がありましたよね。

そう考えるとその台と結構かぶっているような。。。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です