3月度収支報告と今後ののスロット業界について

今回は3月の収支報告です。

3月は僕がブログをはじめてから最も稼働日数、稼働台数ともに少なかったのですが、一撃でそれなりに出せたのが数回あったこともあり収支はそれなりについてきました。

まぁ一言でいうとヒキが良かったという感じですね。

ただこんな展開が毎月続けばいいですが、そう甘くはないのはわかっているので今後については対策を練っていきたいですね。

3月のスロット収支

月間収支 +397,300円

稼働日数 18日

日別勝敗 14勝4敗(勝率77.8%)

実践台数 20スロ85台 8スロ1台 5スロ5台

1台当たりの平均収支(低貸し分は20スロレートに換算)4,620円

先月に比べ台数は半数近くでしたが台当たりの収支が倍以上という結果でした。

完全に上振れでしたね。

サラ番、バジ絆の6,000枚オーバーを筆頭にまとめて出せたのが大きかったと思います。

サラ番 3月13日稼働記事 サラ番でフリーズから中段チェリーに頂スラッシュまで引いた結果は!?

バジ絆 3月28日稼働記事 バジ絆でテーブルNを2回喰らうも80%ループがマジ止まらない。。。

また、勝率が高くマイナスがわずか4日、さらに3万円以上のマイナスが無いというとにかく負けにくかった月でした。

元々立ち回り自体が堅いので荒い機種を浅めから打ったりしないというのもこういった結果につながっているとは思いますが、それでも3月はうまく行き過ぎた感じです。

今後のスロット業界は?

そしてこれからのスロット業界に関してですが、今残っている旧基準機も恐らくあと半年もすれば消えていく流れになると思います。

そうなれば低純増のA+ARTや高純増の高ベースAT機になり、さらに高ベースAT機も近いうちに消えていくでしょう。

そうなれば残るのは低純増のA+ART機のみとなってきます。

出すのに時間がかかるうえに狙い目もきつくなっていく流れになるでしょう。

正直ハイエナにはキツイ時代が来ると思います。

そうなれば残るは高設定狙いになります。

僕が立ち回っている地域ではAT、ARTは高設定が入りづらい地域なので今後のことも考えて設定狙いが出来る地域を今から開拓していくというのも重要な要素になってくるでしょうね。

今はまだハイエナで稼ぐことは可能ですが、今後の準備を今からしていく必要がありそうです。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です