コードギアスR2 天井・スペック・機種情報・解析まとめ

codegeass

サミーから6月6日に導入の新台コードギアスR2の解析記事です。

人気シリーズの続編だけに導入を待っていた方も多いのではないでしょうか。

今作もA+ARTでの登場です。

それではご覧ください。

天井・スペック・機種情報

giasu_kyoutai

メーカー サミー

導入日 6月6日

導入台数 約15,000台

仕様 A+ART

純増 1.4枚/G

コイン持ち 約32G/50枚

天井性能、狙い目

天井 1000G+α

天井恩恵 ART確定

狙い目 650G~

期待値 約1500円

設定 ボーナス ART  合算  機械割
 1  1/239  1/624  1/173  97.5%
 2  1/237  1/589  1/169  98.5%
 3  1/237  1/507  1/161  100.8%
 4  1/234  1/451  1/154  103.9%
 5  1/232  1/377  1/144  108.5%
 6  1/229  1/339  1/137  112.3%

通常時

通常ステージ

ekisho31

学園廊下<表参道モール<文化祭<学園屋上の順で高確期待度アップ。

前兆ステージ

学園地下:リベリオンアタック期待度30%

ゼロ指令室:リベリオンアタックorボーナス濃厚

ギアスポイント

通常時は内部的に通常と高確の2種類が存在し、ポイント抽選が行われる。

ポイントはモードと成立役に応じて獲得抽選が行われ、合計10ポイントたまればリベリオンアタック突入となる。

レア小役成立時、ボーナス消化中はポイント獲得のチャンスで当選まで減算はなし。

レア小役成立時の上部パネルの色で内部ポイントの示唆が行われる。

白で1ポイント獲得、紫で大量ポイント獲得となっている。

また、レア役を引いていないのに点灯した場合は10ポイントが近いことを示唆しているので追ってみるのもあり。

コードギアスR2 ギアスポイント示唆演出 上部パネル

※紫点灯

CZ「リベリオンアタック」

ekisho16

継続G数 約20G

ART期待度 30%

最終的にバトルに勝利できればART確定。

また、CZ中のボーナスはART確定。

ボーナス

codegeassr2-gameflow

ハイパーBIGボーナス

獲得枚数 約250枚

BIGボーナス

獲得枚数 約180枚

REGボーナス

獲得枚数 約54枚

消化中は通常時はART、ポイント抽選、ART中はピース獲得抽選が行われる。

ART「ブラックリベリオンR2」

ko-dogiasu-burakkuriberionn

継続G数 1セット40G

純増 1.4枚(ボーナス込2.0枚)

セット数継続型のARTで消化中はピースを集めてセット継続を目指す。

ピースを集めるほど継続バトルが優位になる。

バトルピースは1個で1攻撃以上、SPピースは所持で次セット継続濃厚。

ART中のステージ

art-1

夕方:通常

:ピース獲得高確率

蜃気楼:SPピース高確率

スザク対峙:大チャンス

内部状態別のピース獲得率

通常 1/16.1

高確 1/11.5

超高確 1/6.7

ギアスバトル

ko-dogiasu-fainarubatoru

前半、後半の2部構成のART継続バトル

1stバトル

獲得したピースの数だけ攻撃を行い、敵のHPを0にできれば継続確定。

撃破できなければファイナルバトルに移行。

ファイナルバトル

1stバトルで残ったHPによって継続抽選が行われる。

勝利期待度は20%~75%。

与えたダメージが500以上なら50%、750以上なら75%で継続。

対戦相手別勝利期待度

ko-dogiasu-suzaku

ビスマルク<ジノ<アーニャ<ルキアーノ<モニカの順で勝利期待度がアップし、スザクは連チャン数に応じて出現抽選が行われ、勝利でゼロレクイエムに突入する特殊キャラとなっている。

上位ART「ゼロレクイエム」

20160330203510dec

ギアスバトルでスザクに勝利できれば突入する上位ART。

ピース獲得や継続率が優遇され、期待枚数は2,200枚。

ギアスラッシュ

ko-dogiasu-giasurassyu-2

突入契機 BAR揃い

継続G数 ベル4回成立まで

SPピース高確率状態。CC図柄揃いでSPピース獲得。

管理人の見解

ARTにかなりの設定差が設けられており、設定1でのART突入確率は1/600を超えてくるのでARTまでの道のりが長そうな感じです。

ただARTにさえ入ればボーナスの設定差は小さいので大量出玉にも期待できそうですね。

荒波仕様という事で出る時は半端なく出るような感じでしょうか。

ゼロレクイエムは期待枚数も多いのでまずはここを目指すような形になりそうですね。

個人的にはまったり系のA+ARTよりは荒波仕様の方がメリハリがあって好きなのでこの台には期待したいですね。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です