スロットのハイエナ稼働と設定狙いどっちが稼げる!?

2015-05-02_09-20-08

今回はスロットのハイエナ稼働と設定狙いのどちらが勝ちやすいかを検証してみました。

僕は地域柄設定が入りにくいところで立ち回っているので基本的にはハイエナ稼働をしていますが、設定狙いメインで稼いでいる方も多いと思います。

果たしてどちらが稼ぎやすいのでしょうか?

それではご覧ください。

ハイエナ向きの店舗と設定狙い向きの店舗

まずハイエナ稼働と設定狙いの大きな違いとしてハイエナはどのホールでもすることが出来ますが、設定狙いは設定が入っている店舗でしか行うことは出来ません。←当たり前ですね。

ただここで重要になってくるのが設定を入れてくる店舗というのは設定が入っていない台に関してもある程度リセットの傾向があると思います。

そうなるとハイエナ稼働の基本である宵越し狙いはしにくい状況となってきますね。

そして逆にハイエナ稼働がしやすい店舗は設定は入りませんが、基本据え置きで宵越し狙いがしやすい状況です。

ということでハイエナ稼働をしやすい店舗と設定狙いしやすい店舗の状況は両極端といっていいと思います。

なのでどちらが勝ちやすいというよりはそのホールがどちらの方が稼ぎやすいホールかを見極める事が重要になってきます。

そして一番厄介なのが設定入れないのにリセットだけかけてくる店舗ですね。

そういう店舗はリセ狩りだけしてさようならでいいと思います。

結局どっちが勝ちやすいの?

そして結局どちらが勝ちやすいかという事ですが、高確率で設定6が積もれるなら確実に設定狙いの方が稼げます。

AT、ART機なら少なくとも機械割110%程はあるのでハイエナ稼働でしかも今の新基準機でそれを超える立ち回りは簡単には出来ませんからね。

ただ設定6に確実に座れることはまずないと思うので安定感には欠けますね。

逆にハイエナ稼働はそこまでの機械割には達しませんが、確実に期待値のある台を打つ事が出来るので(リセットを喰らわなければ)台数さえ拾えれば安定して勝つ事が出来ます。

ただ設定狙いと違って1台を打ち続けるわけではないのでしっかり打ち始めとヤメ時を間違わずに打つという事が条件になりますけどね。

ということで設定が入りやすくなおかつ店の癖を把握しやすく設定の入っている台を高確率で積もれるのであれば設定狙いの方が勝ちやすいですし、そうでなければ据え置き店でハイエナ稼働をしている方が安定して勝つことが出来ると思います。

ただこれから出てくる台はハイエナで期待値を稼ぎにくい台が増えてくると思うので、今のうちに安定して設定が入る優良店を見つけるのも一つの手段かとは思います。

といことで結果としては店舗によってどちらの方が立ち回りやすいか変わってくるという事ですね。

僕も本来ならば1台打ってやめてまた探してというのが面倒なんで出来れば設定狙いをしたいのですが、なかなかそういった優良店舗が近くにないのでハイエナ稼働をしていますが、たまにこう設定挙動の台を打つと安定感があって打ってて楽しいですからね。(まぁこのブログをはじめてからはほぼAT、ART機の高設定台は打ててませんが。。。)

それでは今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^▽^)/

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です