今作はA+RTで登場!!めぞん一刻-桜の下で- スロット新台 スペック、機種情報

パチスロめぞん一刻桜の下で

オリンピアから5月30日に導入の新台めぞん一刻-桜の下で-の解析記事です。

今作でシリーズ4作目となっており。今回はボーナス+RTという仕様で登場です。

今後はこういった機種が増えてくるんでしょうね。

スペック、機種情報

メーカー オリンピア

導入日 5月30日

導入台数 約10,000台

仕様 A+RT

コイン持ち 約35G/50枚

設定 BIG REG  合算 機械割
 1  1/345  1/533  1/209  98.0%
 2  1/336  1/512  1/203  99.6%
 3  1/326  1/497  1/197  101.5%
 4  1/318  1/482  1/192  103.2%
 5  1/297  1/446  1/178  107.3%
 6  1/273  1/410  1/164  112.2%

ボーナスの種類

mezon_bonus

BIGボーナス

契機   赤7揃い、青7揃い

獲得枚数 最大311枚

REGボーナス

契機  7.7.BAR

獲得枚数 最大155枚

ボーナス中の技術介入

逆押しで右、中リール適当打ち後、左リール上中段に青7をビタ押し。

BIG、REG共に一度成功すれば最大獲得枚数を得ることが出来る。

RT

doramatik

すべてのボーナス後に30GのRTに突入する。

消化中は様々なエピソードを見ることが出来る。

管理人の見解

設定6の機械割が112.2%ということでAタイプの中では割がいい方ですね。

ただあくまで設定が入ればの話ですが。。。

ボーナス確率自体は重いですが、RTとREGの獲得枚数が多いタイプですがジャグラーよりは荒れそうですね。

これからAタイプも他の台と以下に差をつけられるかがメーカーにとっても重要になってくると思うのでこういったRTを付けた機種も今後増えてくるのではないでしょうか。

個人的には天井付が希望なんですけどね。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です