スロット3000枚規制がいよいよ現実味を帯びてきた!?

images1616

以前から話題にはなっていたスロットの出玉3000枚規制ですが、どうもいよいよ現実味を帯びてきたようです。

具体的にいつからという事は決まっていませんが、恐らく近い将来決定されるのではないでしょうか。

そもそも3000枚規制とはどういったものなのかという事ですが、単純に出玉が3000枚到達した時点で上乗せや継続はなくなります。

以前は完全に通常時に戻るという話だったようですが、現段階では3000枚到達時点で一旦初期化するという案になっているようです。

初期化という事はAT、ART開始時のゲーム数から再スタートという事ですね。

これは実際に適用されるとかなりきつくなると思われます。

天井期待値が確実に下がってくるので天井狙いが今以上にしずらくなってきますからね。

ただ逆に考えると上にぶれない分単発終了が減って出玉が安定するという事も考えられます。

機械割が下がるわけではないので、3000枚以上出ない以上その分の振り分けが少ない出玉で終わる場合に振り分けられると考えられますからね。

そう考えれば案外天井狙いは今以上に安定するという可能性もあります。

まだ詳細も決まっておらず具体的なことはわかりませんが、ただこれが決まれば一撃万枚の夢が見れなくなるのは寂しいですね。

僕自身まだ万枚は未経験なのでこれが決まるまに一度でいいから万枚達成しておきたいです。

しかしスロットはAT機の廃止、天井恩恵の廃止、そしてこの3000枚規制とどんどん規制に拍車がかかってきていますがこの規制はいったいどこまで続くのでしょうか。

新基準機は既に客付きが悪く明らかにスロット離れは加速していると思いますが、これ以上夢が無くなると本当にスロットはAタイプしかなくなる時代が来るかもしれないですね。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です