沖ドキトロピカル 前作との違いなどの解析情報!!

500x250xs7KwrtCrZmi53yS1454034601_1454034661.jpg.pagespeed.ic.SfkHQZG5ee

2月1日にアクロス(ユニバーサル系)から登場する沖ドキトロピカルの解析情報です。

前作の沖ドキは今でもホールで人気機種として稼働していますが、今作はコイン持ちがよくマイルドな仕様となっています。

前作との違いなどをお伝えしていきますのご覧ください。

スペック、機種情報

メーカー アクロス

導入日 2月1日

導入台数 約20,000台

仕様 AT機

純増 3.0枚/G

コイン持ち 約40G

天井 1199G

天井恩恵 疑似ボーナス確定

設定  BIG    REG  合成   機械割

設定1 1/1428 1/285 1/237 96.7%

設定2 1/1005 1/271   1/214 99.0%

設定3 1/1134 1/271 1/218 101.4%

設定4 1/823   1/254 1/194 103.9%

設定5 1/934     1/253 1/199 106.3%

設定6 1/692     1/231 1/173 108.4%

前作との比較

項目    沖ドキ    トロピカル

天井    999G     1199G

コイン持ち 23G      40G

天井までの 約44,000円 約33,000円

最大投資額

AT純増    3.0枚      3.0枚

初当たり  1/242.8~   1/237.9~

1/188.3    1/173.6

BIG枚数  210枚     210枚

REG枚数   210枚     90枚

初当たり  BIGorREG   ほぼREG

天井が深くなってその分コイン持ちは上がっていますが、ゲーム性自体は同じでモードA→モードB→天国へと上げていく形です。

また、初当たりが前作ではBIGorREGでしたが今作はほぼREGなのでモードAは前作以上にきついと思います。

さらに枚数もREGは60枚になっていますので天井狙いはかなり厳しいでしょうね。

基本はモード狙いとなりそうです。

モードの概要

通常A   ボーナス当選時は基本REG

通常B   通常Aよりも天国準備移行率アップ

天国準備   ボーナス当選時はBIG+次回天国以上

天国     32G以内にボーナスが連荘

引き戻し   自力当選率アップ

ドキドキ   32G以内の連荘が80%ループ以上

超ドキドキ  32G以内の連荘が90%ループ以上

保証     ドキドキ以上から移行し、32G以内に連荘

モード示唆

今作では前作以上にモード示唆が増えています。

・ボーナス揃い時のリールアクション

ボーナス告知後はリールが自動停止し、左→中→右の順で中段に基本は揃いますが、順番やラインが異なれば上位モードorBIGの期待度アップ。

・ボーナス揃い時のテンパイ音

ボーナス揃い時のテンパイ音がいつもと異なれば上位モード示唆

・ハナちゃんランプ点灯

ハナちゃんランプ点灯時は1G連+天国モード以上が確定するので実質2連は保証。

・REG後の上部パネル

REG後に上部のパネルが点灯すれば上位モード示唆

・初当たり

初当たりは基本的にREGですが、BIGなら天国確定!?

管理人の見解

前作の沖ドキは連チャンすれば爆発力は強いですが、やはり通常時のコイン持ちが非常に悪かったので中々手を出しづらい機種でした。

今作はコイン持ちをよくしているのですが、初当たりがほぼREG+60枚という事で完全にモード狙いの機種ですね。

そして前作はカナちゃんが1G連時にパンチラを見せてくれたのですが、今作は

image-8c9c9-thumbnail2

妹のハナちゃんにバトンタッチのようです。

僕の好みはカナちゃんですけどね(^▽^)/

初当たり確率はさほど変わってませんので沖ドキ好きには遊びやすくなっていいんではないでしょうか。

ただ前作の人気を上回るのは厳しいとは思いますが。。。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です