閉店時間を考慮した天井狙いの打ち始めの時間の限度は?

今回は閉店時間を考慮した打ち始めの時間の限度についてお話ししたいと思います。

遅い時間は結構な良台が落ちていることもありますが、時間によっては期待値がマイナスになる場合もあるので注意してください

まず、確実に一般的に言われているボーダーラインで立ち回ろうと思えば19時には当選している方がいいです。

22時半が閉店として19時に当選すれば大体の場合は取り切れるでしょう。

3時間半あればAT機なら約7,000枚。A+ARTでも4,000~5,000枚は取れると思うんで余程爆発しない限り取り切れます。

ただ高純増AT機なんかは20時までに当選すれば大体の場合は取り切れると思います。

20時からでも5,000枚は取れますからね。

ということで高純増AT機に関しては20時当選出来れば大方取り切れるので打っても大丈夫だと思います。

ただGOD系などの投資のかかる機種で爆発する可能性の高い機種は20時に当選しても取り切れない可能性が高くなるのでもう少し早めの方がいいですね。

そしてこれから主流になるであろう純増1.5枚位のA+ARTに関してはかなり時間がかかるので出来れば19時には当てておきたいところです

純増が低く、ゲーム数が伸びやすいので遅い時間の天井狙いは確実に期待値ががくんと減りますからね。

しかし閉店時間が近づくにつれていい台が落ちているのも確かです。

僕も最近SBJ2で20時過ぎに600Gという台を見つけて打ちましたが、まさかのストックタイム3連プラスフリーズで取り切れずを経験しています。

結果的に言えば取り切れていませんが、天井まで約150Gという事を考えると今回は打って間違いではなかったと思います。

今回のように投資をかなり抑えられるといった場合に関しては少し遅めでも打ってもいいですが、期待値的には通常よりは下がるという事は覚えておいてください。

例外としては昨日のハーデスの連荘即ヤメ台なんかは投資1Kで判断できますし、出た時はそれなりに見返りがあるので閉店前でも打ってOKです。

ということで今回は閉店時間を考慮した天井狙いの打ち始めの時間の限度に関してお話ししましたが、負けているとどうしてもギリギリまで粘りたいという気持ちになりますがあまりにも遅くなると期待値マイナスになることもあることは覚えておいてください。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です