貯メダルって何枚で換金するのがベストなの?

今回は貯メダルを何枚で換金するのがベストなのかをお話ししたいと思います。

基本的に期待値稼働をしていると貯メダルは増えていくので、放っておくと何万枚も溜まっていきますよね。

しかしあまり溜めすぎるともし店舗が潰れたら?という不安も伴ってくると思います。

そこで僕が思うベストな貯メダルの枚数をお話ししていきます。

まず基本的に貯メダルが無くならない枚数は確保していた方がいいです

現金投資は確実にマイナスなので下振れでなくなる可能性分は確保していた方がいいですね。

そしてその枚数ですが、基本的には1万枚あればよほどのことが無い限りすべてなくなってしまうという事はないと思います。

僕がこれまで期待値稼働をしてきた中で最もマイナスになった時で約13万マイナスだったので、約6,500枚ですね。

もちろんこれが1万枚になる可能性もありますが、可能性としては低いです。

そして僕の場合は数店舗掛け持ちしているので、1店舗当たりで換算するとそれ程のマイナスにはなっていません。

なので店舗数が少ない方は15,000枚ほど確保していた方がいいかもしれません。

僕がいつも行っているのは15,000枚溜まれば10万換金するという形です。

換金も一度に10万以上換金すると目立つので10万までにしておく方がいいと思います。

期待値稼働は極力目立たないようにする方がいいですからね。

なんで一撃でかなり出て2万枚とかになった場合は2度に分けて換金するようにしていますね。

後目立たなくするという意味ではカードを入れた時に貯玉数が表示されるホールの場合は特に溜めすぎないように気を付けた方がいいです。

そこでかなりのメダル数が表示されれば正直目立ちます。

ベタピンの店舗でそんな枚数を持っていたら普通の打ち方をしていないというのはすぐに分かりますからね。

ということで今回は貯メダルのベストな枚数のお話してきましたが、貯メダルはメリットの方が多いですが、急に店舗が潰れる場合もあるので溜めすぎには注意しましょう。

貯メダルのメリット、デメリットについては以前記事にしているので気になる方はご覧ください。

貯メダルのメリット、デメリット

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です