スロットのハイエナ稼働をする上での重要なこと~台選び編~

1309036top

みなさん、こんにちは!

kenです(^▽^)/

今回はスロットのハイエナ講座第2弾です。

第一弾でどういった店で打つのかをお話ししましたので、今回は実際にホールに行った時の「台選び」についてです。

まず、ハイエナをする上で打つ台には基本的に2種類あります。

1、天井狙いができるいわゆる「はまり台」

2、当たりやすいG数をピンポイントで狙うゾーン狙い

天井の狙い方

1つ目の天井狙いは期待値が最も取れる打ち方です。なぜなら必ず当たるからです

しかし、反面天井まで行った時にはある程度の投資が必要になるため、出玉が少なかった時には大きくマイナスになるというリスクもあります。

そこで重要になってくるのが天井狙いの「ボーダーライン」です。

これに関してはいろいろなサイトで設定されていますが、基本的には期待値2000円辺りを目安に設定してあることが多いです。

具体的に言うと1000G天井の台であれば、おおよそ600G前後が期待値2000円ほどになることが多いです。

もちろん機種によっては500Gでも2000円ある台もありますし、650Gで2000円ない場合もあります。

ちなみになんで期待値2000円がボーダーラインになるの?ということですが、期待値1000円では時間効率が悪すぎますし、かなり浅いところから打つことになるのでリスクももちろん上がります。

そして期待値3000円以上の台というのはそもそも中々落ちていません。そのレベルになると大体が「宵越し」になってくると思います。なのでそれ以上ボーダーをあげると、打てる台数が極端に減ってしまうからです。

ということで天井狙いに関しては、基本的には期待値2000円を目安に打てばおのずと結果はついてくるはずです。

単純計算で期待値2000円を10台打てば20000円利益が出るということですからね。

また実践していくうちにマイボーダーも出来てくると思います。

僕でいえばGOD系ですね。一般のボーダーよりも高めに設定しています。

逆に少し浅めから狙っている台も実際にありますからね。

ゾーンの狙い方

天井狙いはただ単にはまっている台を打つだけなので初心者の方でも大丈夫ですが、ゾーン狙いは知識がないと逆に期待値がマイナスになる可能性があります

というのは台それぞれに特徴があり、外れたと思いきやまだ前兆が続いていて、数G後に当たるパターンや、200G台にゾーンがあっても前半と後半に分かれているなど結構難しいです。

ただこれに関しては知識と実戦での感覚で見極めていかなくてはなりませんので、とにかく経験を積んでいくしかないです。

なので初心者の方は初めは天井狙いのみのほうがいいでしょう

また、必ず当たるわけではありませんので、ゾーン狙いの期待値は数百円ということが多いです。なのでゾーン狙いはとにかく数をこなさなければ結果はついてこないということも頭に入れておいてください。

次回は?

今回は台選びについて書きましたが実際にホールに行ったときに、おそらく「ボーダー以上の台なんて全然おちてねーよ」という状態になる可能性が高いです。

僕もホールに行ったときに当日のG数で台を拾えることは少ないです。稼働記事を見てもらえればわかると思いますが、7割ほどは宵越しで打っています。

そこで次回は宵越し天井の狙い方をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です