ハイエナ稼働で収支を安定させるためのコツとは?

今回はハイエナ稼働をする上で収支を安定させるためのコツを僕なりにお伝えしていこうと思います。

ハイエナ稼働をしていてもどうしても下振れして収支がついてこないということは誰にでも経験のあることだと思います。

僕自身も10月はかなりの下振れで悩まされたんですが、全体的には稼働時間、稼働台数的に安定している方だとは思います。

そこで収支を安定させるためのコツとして

1、大負けする可能性のある機種は期待値があってもボーダーは高めに設定する

これは短いスパンで見た時には結構大事なことだと思います。

代表的な例としてはGOD系がありますね。

他サイトでは凱旋、ハーデス共に750G~がボーダーラインになっているところが多いのですが、僕は以前から言っているようにボーダーは900G~に設定しています。

現金投資、56枚交換では900Gでも躊躇することはあります。

凱旋なんかは750G~狙って天井まで行くと約30Kの投資が必要になってくるんで、天井で80%継続を引いても等価で5セット継続でようやくトントンです。

単発を食らうと即ヤメでも24Kのマイナスですね。

そう考えるとかなりリスクは高くなります。

2、ボーナス終了後の無駄な投資を極力抑える

天井狙いをしてボーナス当選してもしょぼい結果になることはよくあることだと思います。

そこで取り返そうと思って天国だけ打ってみたりするとこれも積み重なると結構なマイナスになります。

僕は天国の強い機種(モンハン月下、モンキー2など)でも天国確定演出などが出ない限り天国は追わないことの方が多いです。

まぁ天国の強い機種に関しては追ってもマイナスではないでしょうが、天国がそこそこ強い機種なんかは毎回追っていると結果はマイナスになると思います。

仮に天国が128Gだとして投資は約4Kちょい、当選してもう一度追えばさらに4Kちょいが必要になるので結果9K近くが必要になることを考えれば確定の場合だけ打った方が効率的だと思います。

なのでしょぼい出玉を換金するのは少し恥ずかしいと思いますが、換金した方がいいですね。

3、ゾーンの打ち始め、ヤメ時を間違わない

ゾーン狙いに関しては元々期待値が低いので無駄に早めから打ってしまうと期待値がマイナスになることもあります。

結果的に当たることもあると思いますが、それを繰り返すことによって結果マイナスになることは十分ありますからね。

そして当たらなかったときは仕方ないので潔く止めましょう。

ただレア役などで引っ張られたときなどは例外で、当たる可能性がある場合は最後まで見た方がいいですね。

4、貯玉を有効活用する

やはり何度も打つ店では貯玉を使うか使わないかで長い目で見た時には大きな差になってきます。

貯玉制度がなければ仕方ないですが、ある店では必ず貯玉を利用し極力換金ギャップを少なくするように心がけましょう。

まぁざっとこんなところかなと思いますが、まだ他にも出来ることはあると思います。

せっかくの期待値稼働をしているのだから、少しでも収支を安定させられるような立ち回りをしたいですね。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です