完全据え置き店がリセットをかけ始めた時の対処法

image

今回は今まで完全据え置きだった店舗が急にリセットをかけてきた場合の対処法について書いていきたいと思います。

ホールにはいろんなパターンがあり、完全据え置きの店舗ほぼ全台リセットの店舗はまっている台だけリセットの店舗新台だけリセットの店舗などがあります。

この中で最も気を遣わずに安心して打てるのは完全据え置きの店舗です。

しかし、ホールも稼がないといけないので宵越しではまっている台で天井恩恵のある台などをずっと据え置きにし、ある程度毎回同じ人が出していると目に付くとは思います。

それによって対策してくる場合は少なからずあります。

僕も2店舗ほど完全据え置き店がリセットをかけてくるようになったのを経験しています。

1度目は宵越しを狙ってデータカウンターを見ていると既に天井のゲーム数を超えており、リセットが確定しました。

その後自分で打ってリセットを食らったこともあります。

その店舗は前日はまって閉店した台だけリセットしていたようです。

2度目はいつものように宵越し狙いをしていると、挙動がおかしいなと思っていたら天井が発動せずリセットを食らいました。

まぁこんな感じでハイエナが増えてくると店舗側も対策をせざるを得なくなってくるので、それに対して打ち手も考えないといけなくなってきます。

そこでまず完全据え置き店でリセットを食らった場合最初に行うのは、全台リセットされているのかを確かめる必要があります。

全台リセットならその店舗では当日ゲーム数でしか狙えなくなりますからね。

そして逆にリセット恩恵でおいしくなる場合もあります。

ここで活躍するのが液晶でリセットか据え置きかを判断できる機種です。

最近減ってきましたが、戦律のストラタスやおとめ妖怪ざくろ、ガンソード、ゲゲゲの鬼太郎なんかは据え置きだと液晶のゲーム数に前日の分が残ります。

これが一番手っ取り早い方法ですね。

次に朝一から行くならガックンチェックが効く機種なら確認すべきですね

ある程度稼働してからならゾーンなど特定のゲーム数で当たりやすい機種の当たり履歴を確認すればリセットかの判断がしやすいです。

僕の経験上完全据え置きだった店舗がリセットをかけてきた場合、全リセはあまり無いように思います。

大体前日のはまり台だけリセットということが多い傾向にあります。

なので小さいゲーム数が続いて大きくはまっている台などは継続して狙える可能性が高いです

僕はパチンコ屋で働いたことはありませんが、恐らく全リセするのはめんどくさいですからね。

ただ一度リセットを食らった場合は細心の注意をして宵越し狙いをした方がいいです。

リセットを食らうのは期待値的にもマイナスですし、収支的にも大きくマイナスのなる可能性がありますからね。

そしてどちらかわからない場合に関してはボーダーギリなら避けた方がいいでしょうし、仮にリセットでもそんなに投資せずに確認できるなら打った方がいいでしょう。

その時の判断は結構難しいですが、僕は結構ビビりなのである程度の確信がない限り打たないかゾーンまで打って確認して打つか判断するようにしています。

以上完全据え置き店がリセットをかけてきた場合の対処法ですが、ホールがリセットをかけ始めた時は無難に攻めた方が安全だと思います。特にハーデスなど天井の深い台はリセットを食らうと大変なことになりますからね。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です