スーパービンゴプレミアム 天井恩恵・ゾーン・狙い目・ヤメ時・ネオとの違いを解析

スロットプレミアムビンゴ-解析

11月2日導入の新台スーパービンゴプレミアムの解析記事です。

前作のネオも荒波仕様でしたが、こちらのプレミアムはさらに荒くなって爆発力も上がっています。前作との違いも考察していきますのでご覧ください。

天井恩恵・ゾーン・狙い目・ヤメ時

天井 1222G

天井恩恵 AT確定+Hoooah確率1/8

ゾーン 555G ※当選率約50%

狙い目 天井 600G~

ゾーン 350G~

ヤメ時 前兆確認後ヤメ

天井は999から1222に深くなってますね。

天井恩恵は前作同様Hoooah確率アップですが、今作は1/8でHoooahです。

また、モードB天井は健在で前作の444Gから555Gに変更。400Gから十分狙えそうです。

スペック解析

メーカー ベルコ

導入台数 30,000台

仕様 AT機

純増 2.8枚/G

コイン持ち 29G/50枚

AT初当たり確率 1/434(設定1)

前作ネオとの違い

前作ネオとの違いについて解説していきます。

まず大きく変わっているのがHoooah確率です。

前作の1/25から1/12と倍になっています

そして天井が999Gから1222Gに変更されています。天井恩恵のHooah確率は1/8になります。

さらにセブンドリームの確率も1/44.7から1/40へアップしています。

それらを踏まえてのAT期待枚数は前作の約520枚から約690枚にアップしています。

しかしもちろん初当たり確率は下がっているので前作の1/338から1/454に変更されていますね。

その他CZや演出などは前作を踏襲していますので、前作を打っておられた方は違和感なく打てるのではないでしょうか。若干コイン持ちが悪くなっていますが(29.87G→約29G)、そこまで気にはならないと思います。

見解

最後の旧基準AT機として登場した本機ですが、前作同様にゾーン狙いメインの立ち回りになるのではないでしょうか。

Hoooah確率がアップしている分一撃性は確実に上がっていますので、積極的に狙っていきたいところです。

スポンサーリンク
スペンサードリンク
スペンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スペンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です